アレルギー疾患で受診される方へ

アレルギー疾患については、気管支喘息軽症のアトピー性皮膚炎を中心に診療しております(アレルギーの専門外来はございません。)

食物アレルギーについては、近年では湿疹からの皮膚のバリア機能の低下による経皮感作が、食物アレルギーの発症リスクとして考えられるようになっております。そのため乳幼児の食物アレルギーの治療は、発症や症状を改善させるため皮膚の外用療法を中心に行います。詳細な問診が必要な方(特に乳幼児)、経口免疫療法や食物経口負荷試験をご希望の方は、アレルギーの専門外来のある施設をご紹介させて頂いております。

※当院は小児内科疾患の診療が中心のため、アトピー性皮膚炎が重症の方は皮膚科の受診をおすすめする場合がございます。

年長児の食物アレルギーの一般診察や(経口免疫療法・食物経口負荷試験以外)、乳幼児でも除去を継続するなど今後の方針が決まっている方の、園に提出する書類の記載は当院でも可能です。学校や園に提出するアレルギー疾患の書類の作成には、1,500円(税込)/1通のご負担を頂いております。

アレルギー診療の初診の方は担当医が不在の場合もありますので、お電話で来院日をお知らせください(初診の方のインターネットでの予約は行っておりません。)再診の方でアレルギー疾患の書類を初めて作成する方は木曜日以外の診療日で、診察時間終了の1時間前にはなるべくご来院ください。

またアレルギーの血液検査については、以下のことをお願いしております。

乳幼児で湿疹がある方は、まず問診とその後しばらく間はスキンケアと外用薬(ステロイド剤)等による薬物療法を中心に診療させて頂いております。何らかの食物によるアレルギーの関与を心配されている場合でも、初診後からしばらくの間はアレルギー検査は致しておりません(食物アレルギー診療ガイドラインに準じております。)他院で既に軟膏を処方されている方も同様となります。

食物アレルギーの血液検査については、現時点においては検査の結果のみで原因食物を確実に特定することはできません(確定診断は食物経口負荷試験となります。)アレルギー検査の数値が上昇していても食べられる場合が多くみられますし、数値が0でも食べて症状がでる場合もございます。そのため検査は医師が必要と判断した場合に行っております。特に年齢の小さなお子様にとって血液検査は大変負担のかかる検査ですし、希望での検査は承っておりません。

例として離乳食開始前などで「今まで食べたことがないから検査をしたい」、「食べたことがなく調理実習で食品を触るため、検査をしたい」等での検査は行っておりません(検査をしても症状と検査結果が一致しない事も多く、検査結果のみをもって摂取可能か不可能か、どちらの判断も正確にできないためです。)原因不明の湿疹(蕁麻疹)のための血液検査も、検査をしてもほとんどの例で原因が判明しないため、積極的に行ってはおりません。

検査をする例としてはある食品を摂取後に、明らかにその食品による症状が出現する場合に、その食品についてのみ検査をする場合があります。またステロイド塗布してもなかなか改善しない乳児のアトピー性皮膚炎の方は、血液検査をする場合はございます。※ステロイドを塗っているときは皮膚がきれいになるけれど、止めると湿疹がでるという場合は、ステロイドが効いていると判断するため(食品が原因ではなく皮膚自体に原因があると考えるため)、検査ではなく外用療法を中心に行います。

保育園から書類提出のためアレルギー検査をするように言われている場合でも、医療機関は保険診療に基づく診療行為について保育園から指示を受ける立場にはないため、同様とさせて頂いております。

※食物アレルギー児の給食の提供における厚生労働省の「保育所におけるアレルギー対応ガイドライン」(←インターネットで閲覧が可能です)においても、食物アレルギーを血液検査だけで診断することはできないとあり、「保育所におけるアレルギー疾患生活管理指導表」にはアレルギー検査のデータ等は記載する必要はないとなっております。